スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園

前から行ってみたかった、旭山動物園

念願叶って行って来ました~♪

旭山動物園の見どころは、

なんと言っても、行動展示ですね~




東門の掲示板です。

ここで、もぐもくタイムや、

なるほどガイドの時間をチェックしてから

散策すると、便利です~





P1070922.jpg

紅葉の中のオブジェ。素敵です~♪




最初に訪問したのは…


P1070804.jpg

うんっ? 何~?

大きいネズミ!

カピバラでした~

カピバラもねずみの一種です。




P1070803.jpg

クモザルです。

シッポも器用なんだよ~ ( くるん )




P1070808.jpg

カピバラと同居なんて、イヤだよ~

だってあいつら、デカいんだもん!





P1070816.jpg

すごいっしょ!!





P1070817.jpg

片手くらい離しても、足もシッポもしっかり掴まっているから大丈夫~





CIMG1019.jpg

ライトまぶしいけど、ぶらさがっていたいんだよナ~




お次は…


P1070829.jpg

さる山で~す♪

さる山は、けっこう複雑なつくりになっています。

これがおさるさんにとって、最高の遊び場なんだヨ~






P1070825.jpg

こざるトリオ、団子状態~ 






P1070824.jpg

こざるトリオを、見下ろすの図。






P1070826.jpg

こざるトリオ、見ざる、言わざる、聞かざるなの!






P1070828.jpg

下の方、騒がしいわねえ~

何、やってんのかしら?






P1070830.jpg

オッ! そこの親子、元気にしてるかい?






さる模様を観察して、お次は…



P1070832.jpg

タヌキです。




P1070833.jpg

ペアのワシミミズクです。




P1070832.jpg

エゾシカです。

層雲峡にいる雰囲気が出ていますネ~




P1070943.jpg

エゾシカは、奈良公園や日光にいるニホンジカと同じ種類です。

角はオスだけが持ち、毎年春に自然に落ちます。

そして、春から初夏にかけて新しく伸び、秋には角は堅くなり完成します。





CIMG1026.jpg

オオカミです。シンリンオオカミといわれる種類です。




P1070839.jpg

かつては北海道にも生息していましたが、現在は絶滅した野生のオオカミ…




P1070842.jpg

このオオカミの森は、100年前にオオカミが生息していた

北海道をイメージして作られているといいます。

天敵であるエゾシカの隣に飼育されています。






お次は、



P1070844.jpg

ようこそ、いらっしゃいました~

ホッキョクグマで~す。






P1070843.jpg

相棒は、どこへ行ったの~?







P1070851.jpg

ねえ! どこ行っちゃったの~?





P1070845.jpg

ほって行かないでヨ~!






CIMG1030.jpg

なんか、退屈だわ~ 何か考えているようで、本当は何も考えてないの!






P1070847.jpg

もうっ、疲れちゃうの~

だって、後ろのカプセルからも覗いてるし~

前からも見てるし…






さて、ホッキョクグマも堪能したし…

お次は、



P1070871.jpg

アザラシのもぐもぐタイムです~♪

飼育員さんが、説明しながら餌やりです~

さあ~さ、みんな寄っといで~!





P1070864.jpg

あれっ、鳥が… カモメかな~?  おこぼれ頂戴か~?





P1070865.jpg

みんな、仲良くするんだヨ~





P1070870.jpg

この子は、赤ちゃんでしょうか~? 飼育員さんが付きっきり… 






少し歩いて行きますと…



P1070892.jpg

猛獣館のライオンです!

「 獲物がいるけど、檻が邪魔だヨ~ 」





P1070897.jpg

視線が合いました~ すごい迫力です!





P1070903.jpg

アムールトラ、ネコ科なんだよね~

うん?、何か~?






さて、お次はというと…



CIMG1037.jpg

ペンギンの団体さん、お通し~!





P1070877.jpg

えっ? ぼくのこと呼んだ?






P1070878.jpg

も~う、いつもここがかゆいのよね~





P1070875.jpg

ぼくたち、ずっと一緒だよ~ 






P1070885.jpg

お見合いで~す。 気に入ってもらえたかな~?






P1070888.jpg

なかなか、かっぷくのいい人ねぇ~♪





P1070886.jpg

アッ! ちょっと、あんまりそっちに行くと危ないわよ~!





P1070876.jpg

ギリギリのことろで踏んばるのって、けっこうスリルあるのよね~





P1070881.jpg

位置について~! でも、な~んか泳ぐ気にならないなぁ~







さて、ペンギン館をあとにして~

どんどん歩いて行くと…


P1070938.jpg

こんなところに、レッサーパンダが、たそがれています~

なんか、パピーちゃんに似てるんだけどナ~




P1070936.jpg

吊り橋渡るの、上手でしょ! ▼*゚v゚*▼テヘッ






P1070934.jpg

急いで、吊り橋を渡ろっと~




P1070924.jpg

そろそろ夕暮れ、旭山の彼方に山、そして街並みも一望です~


さて明日は、日本最後の秘境 知床 に。。。


( 網走・知床の日記は、こちら…



。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*


こちらの日記もご覧下さいネ~♪







パピーもスポーツ

合格発表

チョコチップとクッキー入りのアイスクリーム

懐かしのドラクエ

くまのプーさんには、かなわないヨ~



スポンサーサイト

網走・知床

♪♪
  知床の岬に はまなすの咲くころ                   
                                


北海道旅行、一泊目の層雲峡をあとにして、

二日日は、バスで知床へ向かいました~♪





CIMG1077.jpg

霧に包まれ、鬱蒼とした森、神秘的な道を進んでいくと…








ひょっこり現れたのは野生のエゾシカ

北海道には、貴重な野生動物が数多く暮らします。

エゾシカたちは、森の中で飢えと寒さを忍び生きているのですね~

人間よりもはるか昔からこの大地で生きて来た生き物たち、

畏敬の念が、わいて来ます。






CIMG1095.jpg

山を越え、丘を越え~






CIMG1098.jpg

緑、緑、どこまで行っても緑が続きます。





CIMG1099.jpg

広大な北海道の大地!







CIMG1100.jpg

大自然の中、心までゆったりして来ます~♪






CIMG1105.jpg

丸山公園の碑が…

中標津町の丸山公園です~

木々が秋色に染まり、冬を迎える準備が始まった、という感じです。

動物たちも季節の移り変わりを感じているでしょう。






CIMG1107.jpg

木々の紅葉は、癒しの空間を作り出しています。






CIMG1109.jpg

ビート畑でしょうか?

畑の向こうに防風林が…





CIMG1165.jpg

この防風林群は道東の根釧台地(こんせんだいち)にあります。

正式名称は「格子状防風林」といい、北海道遺産にも登録されているそうです。







CIMG1169.jpg

格子状防風林は、スペースシャトルからも撮影されたそうです。

そのスケールにおいても、北海道ならではの雄大なものです~

幅180m、総延長643㎞の林帯は、防風効果だけではなく、

動物たちが移動するルートにもなっているそうです~♪








CIMG1111.jpg

左の方に見える道路…

アップダウンはあるものの、ま~っすぐです。






CIMG1118.jpg

左に、有名な「 網走刑務所 」の煉瓦塀が、右には、鏡橋が見えます。

「 網走刑務所 」は、網走、旭川の道路工事を行うために

明治23年開設されたのが始まりだそうです。

受刑者たちおよそ1000人が出役して、

網走から北見峠まで163キロの開削工事に従事しました。

鎖でつながれての重労働で、212人が病気などで死亡、

その場に葬られたといいます。

犠牲者は道の脇に土まんじゅうを作って埋められ、

のちの発掘作業で出てきた遺骨の中には、

逃走防止の鎖を付けられたままのものもあったとか。

バスで走っていると、道路の縁に、鎖塚があります。







CIMG1120.jpg

これが、鏡橋です。

罪を犯した囚人が、網走川に架かる橋を渡る時、

「 川面に我が身を映し、襟を正し、

心の垢をぬぐい落とす目的で岸に渡るように 」

ということで、鏡橋と呼ばれるようになったそうです。







CIMG1142.jpg

釧網線の藻琴駅です。

雪とオホーツク海からの風に、長年耐え続けてきた木造駅舎ですが、

平成4年に無人駅になりました。

現在は、旧駅務室跡に軽食・喫茶店「トロッコ」が入っているそうです。





CIMG11501.jpg

白と黒のまばらなホルスタイン牛が~






CIMG11521.jpg

北海道といえば、この “干草ロール” ですね~

広い牧場に干草ロールが転がっています。

干し草ロールは草の生えない冬場に、牛たちの貴重な食料になるのでしょうね~♪






CIMG1138.jpg

さて、遂に日本最後の秘境「 知床半島 」へ到着です~♪






CIMG1123.jpg

船が停泊しています~







CIMG1174.jpg

鮭を狙う釣り人達が竿を下げて~

鮭釣りは非常に人気のある釣りですが、

北海道は河川での鮭釣りは全面禁止となっているそうです。

なので、海辺にはこんなに大勢の釣り人が…






CIMG1129.jpg

厳寒の北の海。

冬には、流氷が漂って来ます~







CIMG1182.jpg

オホーツク海を臨み、見えてきました。断崖絶壁です!

海岸線は荒く海に削ずられています。



CIMG1183.jpg

オホーツク海と、根室海峡に挟まれた知床半島。

アイヌ語の「 地の果て 」にその名が由来するといいます。

知床半島は起伏の激しい山脈や断崖絶壁の海岸線が続いています。

世界自然遺産の知床は、人の手の入らない自然が残っています。

生き物のいのちが溢れる場所。

野生のヒグマが数多く生息する地としても有名ですね~

この日も、ヒグマが出没しているらしく猟銃を持った人に出会いました。






P1070979.jpg

斜里からウトロへ向かう途中の国道沿いにオシンコシンの滝があります。



 



P1070965.jpg

滝の中ほどの高さまで階段で上がることができ、なかなか迫力があります。








CIMG1177.jpg

途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。






P1070974.jpg

「 日本の滝100選 」にも選ばれているそうです。







P1070982.jpg

ヒグマよけの高圧電流柵付き 高架木道です~

オホーツク海や知床連山を遠望することができるそうですが、

雨のため、視界ゼロでした~ 。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!







CIMG1191.jpg

親子岩です。真ん中から子供の岩が、ひょっこり顔を出していますヨ~♪






CIMG1193.jpg

向こうに見えるのが、カメ岩です~

雨で写真映りが悪いのですが、実際に見ると亀にそっくりです。






CIMG1216.jpg

バスが走り出して外を見ると、

ほら、が~♪






P1070985.jpg

波が高いとの事で、知床観光船 おーろらに乗れず、

予定より少し早い時間に、阿寒湖 畔のホテルに着きました~






CIMG1251.jpg

うわぁ、毛ガニで~す!

カニ味噌が、とっても美味しかったです~♪






CIMG1255.jpg

オホーツクの海の幸、旬の味を堪能しました~♪

ご馳走に舌鼓をうち、温泉に入り大満足です!


さて、3日目は、美瑛、富良野に… ( 美瑛・富良野の日記は、こちら…




。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*


こちらの日記もご覧下さいネ~♪







パピーもスポーツ

鶏肉入りさつまいものきんとん

リンゴケーキ

懐かしのドラクエ

くまのプーさんには、かなわないヨ~



美瑛・富良野

北海道旅行、三日目の観光は~


美瑛・富良野に~




阿寒湖 畔のホテルをあとに


やって来ました。足寄町( あしょろちょう )


CIMG1263.jpg

日本一広い町として有名です。


その広さなんと面積は1408.09k㎡!!


東京ドームおよそ30,000個分だそうです。


1k㎡あたりの人口密度は、約7人 w( ̄o ̄)w オオー!


もうひとつ、大きさで日本一を誇るのは、


北海道遺産にも指定されている、ラワンブキです。


高さは3メートル、茎の直径が10cmで日本一大きなフキです。


のびのび育っていますネ~♪


そしてチーズ もおすすめだとか…






CIMG1264.jpg

あの有名な歌手

松山千春さんの出身地でもあります~




CIMG1358.jpg

岩がそそり立つ山肌を縫い…






CIMG1384.jpg

雪の十勝連峰を見ながら走っていくと~





CIMG1385.jpg

美瑛駅です。






CIMG1386.jpg

北海道では、信号機の赤・青が縦に並んでいます~


これは、積雪対策なんだそうです。






CIMG1390.jpg

ありました~! パッチワークが!!


ラベンダーじゃないのが、残念ですが…


この季節、もうラベンダーは終了で~す (ノω・、) ウゥ・・・



CIMG1392.jpg

そして、着いたのは… 四季彩の丘


いました。ロール君!!





CIMG1393.jpg

ここでも、十勝連峰がくっきりと~♪







P1070999.jpg

お花が、生き生き咲いています~♪






P1080003.jpg

この時期に、ヒマワリが…


真夏のような鮮やかなヒマワリが、咲き誇っています~♪







CIMG1400.jpg

四季彩の丘をあとにして、バスに乗り込むと…


道路の端に見えるのが、


赤と白のストライプの、街灯のようなポールです。


道路の路肩を示す標識なんだそうです。


雪が積もると道路の端が分からなくなるので、


これを目安に運転しているとのこと…


北海道って大変ですネ~







P1080004.jpg

パッチワーク状にはなっていますが、


ちょっと、彩りが寂しい気がします~ (´_`。)グスン




CIMG1411.jpg

お次は、富良野 に到着で~す♪







P1080023.jpg

きれいに咲いていました~♪






P1080011.jpg

十勝連峰に、雲がたなびいています~





P1080020.jpg

澄んだ空気と…





P1080021.jpg

広々とした大地…







P1080022.jpg

紅葉も終わりに近づき、冬支度を迎える準備をしています~♪






CIMG1412.jpg

雲の上から 山の頂がひょっこり顔を出しています~






P1070989.jpg

富良野をあとにして…


大雪山国立公園の、流星の滝に到着で~す♪


名瀑「流星の滝」と呼ばれていますが…


写真がしょぼくて、残念!! ・゚・(ノД`;)・゚・




P1070991.jpg

マイナスイオンを、たっぷり浴びてきました~♪






P1070996.jpg

流星の滝から、力強く注ぎ込んでいます~






CIMG1358.jpg

層雲峡は、石狩川の流れが造りだした


柱状節理の断崖が、20km以上も連なる大峡谷です~





CIMG1361.jpg

バスは、層雲峡の中、道の両側に


見事な柱状節理の断崖絶壁を眺めながら


ガイドさんの説明に


右を見たり、左を見たり、


首の体操をしながら


定山渓に向けて走ります。


バスガイドさんが幾つもの


柱状節理の岩の名前を


説明してくれましたが、


ひとつも覚えていない私でした~ o(- -;*)ゞ


いよいよ最終日は、


運河の街、スイーツの街、小樽へ o(*^▽^*)o♪


( 小樽の日記は、こちら…




。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*
        

こちらの日記もご覧下さいネ~♪







旭山動物園

くるくるケーキ

パピーとおかあさんの闘い

オレンジジュレのムース

くまのプーさんには、かなわないヨ~

「 お父さん、預かります 」? (゚◇゚;)!!!

人間、一度行った土地は、


何となく、懐かしく


親しみを感じるものですネ~♪




P1090392.jpg



イタリアに行ったあともそうでしたが、


今回、北海道から帰ってからも、


そんな風に感じます~♪


TVで北海道の風景を見ると、


おとうさんとふたり、わくわくして見てしまいます~♪


永らく小樽の旅行記、UP出来ていませんでしたが、


懐かしく思い出しながら、写真を整理しました~♪




P10608571.jpg

おかあさん、本当は忘れていたの~?

どっちもなの~ ? オイオイ (;^◇^)ノ~☆

小樽という地名は、アイヌ語でオタ・オル・ナイ(砂浜の中の川の意)


と呼ばれたことに由来するそうです。


明治、大正、昭和初期の建物は今も数多く残されており、


歴史や文化を今に伝え、レトロな街並みです。



P1080040.jpg

浅草橋からの小樽運河です。


建物の所どころにツタが…


赤く色づいています~



CIMG1415.jpg

左側の近代的なビルと、右側のレトロな建物が、対照的でした~♪





P1080048.jpg

小樽運河から、向こうの方に山が見えます~





CIMG1421.jpg

小樽運河からまっすぐ小樽駅へとのびる中央通です。




P1080061.jpg

日本銀行 旧小樽支店 金融資料館です。


北のウォール街と呼ばれた当時の小樽を代表する建物です。


現在は、日本銀行の広報施設になっています。




P1080063.jpg

小樽公証役場です。





CIMG14241.jpg

小樽運河ターミナルです。


大正11年に、三菱銀行小樽支店として建てられましたが、


現在は、小樽の観光拠点になっています。





CIMG1425.jpg

おたる散策バスは、レトロな外観のアメリカントロリーバス風の"ろまん号"。


下は赤、上部は緑と色分けされています


小樽市中心部、観光エリアを周回するそうです。





P1080051.jpg

中央通と廃線跡が交差する地点には、手宮線廃線跡があり、


手宮線のモニュメントがありました




P1080050.jpg

手宮線モニュメントには、

「 旧手宮線は北海道の最初の鉄道です。

明治政府は日本の近代化を図るため、石炭など北海道

の豊富な地下資源に注目し、その開発と輸送を目的に鉄道

建設に着手しました。そして明治13(1889)年、

北海道初、日本で3番目の手宮線が開通しました。」( 略 )

とありました。





CIMG1418.jpg

由緒ある手宮線の線路。。。


その横には、整備された遊歩道が。。。


線路伝いに、手宮線廃線跡を歩きました~






P1080056.jpg

記念写真を撮りながら散策を楽しみました~♪


レトロですネ~♪


ツタが何とも言えない味わいを出しています~





P1080059.jpg

ここにも、手宮線跡地のモニュメントが…





ここで、通りに出ると…


P1080065.jpg

大正硝子館 」です。


旧名取高三郎商店だったそうです。


角地に建ち、西側と南側に開いた形で


防火のための袖壁(うだつ)を設けています。


外壁には札幌軟石が使用されており、上部壁体を鉄柱で支える構造となっています。


小樽の明治後期の代表的商家建築だそうです。




P1080067.jpg

小樽浪漫館 」です。


明治41年に建てられた、 木骨石造2階建の建物です。


旧百十三銀行小樽支店でしたが、ガラスアクセサリー中心の店になっています。


上部にギリシャ建築を思わせる飾りを配しているのが特徴です。





小樽運河と堺町本通りから、メルヘン交差点にかけての通りには、


お菓子の有名店が。。。


CIMG1433.jpg

北菓楼 」のお店です。


大きな軟石造りの倉庫を、店舗として利用するお店です。


ちなみに北菓楼の左隣は、有名な六花亭のショップです。




P1080073.jpg

今でも残る重厚でレトロな建築物は、


当時の、小樽の繁栄を偲ばせます。





P10800732.jpg

岩永時計店 」です。


この建物は、正面2階のバルコニー、半円アーチ扉、手摺、


軒の繰り型など細部にもデザインが施されています。


屋根の上にお城のように鯱が乗っていました。




P10800741.jpg

写真を整理していると、


なになに~?


「 お父さん、預かります 」?   (゚◇゚;)!!!




P1080074.jpg

拡大してみると。。。


「 お父さん、預かります 」の右側にも


「 7日食べたら、鏡をごらん 」? ΣΣ( ̄◇ ̄;)!!?



P10800733.jpg

なるほど。。。


不老館 」ですか~?


昆布専門店 利尻屋みのや 」( 不老館 )です。


屋根の上にあがっている時計台には、針がつけられていませんが~


これは時が過ぎない・・・だから歳もとらない・・・なので「 不老 」とのこと。。。


「 不老館 」のシンボル、となっているそうです。


そうでしたか~ (;´▽`A``




P1080075.jpg

オルゴール海鳴楼 」です。


明治26年に建てられ、かつては第百十三国立銀行小樽支店でした。


寄棟の瓦屋根に「トンガリ」飾りを付けた和洋折衷の構成で、


明治の面影を良く伝えています。


軒下に刻まれた分銅模様のレリーフが百十三銀行のシンボルです。




P1080077.jpg

手づくり硝子の店「 小樽 彩や 」です。


こちらでは、硝子棒をガスバーナーで溶かし、


鉄製の棒に巻きつけて作る「とんぼ玉」の制作体験ができます。




P1080080.jpg

小樽オルゴール堂 」です。


明治45年に建てられた、木骨煉瓦造2階建の建物で、


当時は米穀商でしたが今は、オルゴール専門店となり


世界各国の色々なオルゴールが所狭しと展示・販売されています。


またメルヘン交差点側には蒸気時計もあり、


多くの観光客で賑わっていました。




P1080083.jpg

「メルヘン交差点」のそばにある広場の中央にある「常夜灯」は、


旧小樽海関灯台 」と書かれており、


本州から、小樽に物資を運ぶ北前船の目印として


明治4年に、近くの丘に建てられた灯台をイメージしたものです
 

後ろの建物はお菓子屋さんのルタオ


おしゃれな建物ですね~♪




P1080082.jpg

ここが、「 銀の鐘 」です。


大正13年に、中越銀行小樽支店として建てられましたが、


喫茶 カフェになっています。


鉄筋コンクリート造2階建です。


外壁はモルタル仕上げで、2階窓列の壁に褐色のタイルを張り、


その上に雷文の模様を一列に並べてアクセントをつけています



ガイドさんの情報によると、


コーヒーを頼むと、可愛いカップがそのまま お持ち帰りOK とのことで、


おまけに釣られてやって来ました~♪


店内は広くて、なかなかいい雰囲気で~す♪




P1090521.jpg

これが、例のコーヒーカップ!


可愛い!!



P1090524.jpg

こっちも、オシャレ~!!

夏場に使えそう~♪




P1090518.jpg

さんざん迷ったあげく…


ひとつずつ注文しました~


でも、


北海道から帰ってからも、


どちらかに統一しておけば良かったかナ~?


と、迷っているおかあさんでした~  ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ




。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*:・'゚。.:*



こちらの日記もご覧下さいネ~♪







旭山動物園

くるくるケーキ

パピーとおかあさんの闘い

オレンジジュレのムース

焼き芋風スイートポテトの作り方

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

    ミセス ロビンソン

    Author:ミセス ロビンソン
    「名前」 パピー
    「誕生日」 2008年10月24日
    「犬種」 パピヨン 
    「性別」 女の子
    「体重」 4.2キロ
    「好物」 鶏肉、ソーセージ
    「特技」 ほふく前進
    「趣味」 ボール遊び、
     ぬいぐるみから綿を出すこと、
     おかあさんへのストーカー

パピーの家族
おとうさん

海水魚も飼育していますが、

今はパピーにメロメロです。


管理者 おかあさん

お菓子作りが趣味です。

大阪在住

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。